「給料日まであとわずか!」との方にとって大助かりの小口キャッシングでは、実質無料でお金を借りられる確率が結構高いので、無利息期間が設けられた消費者金融を有効に利用したいのです。

再三無利息ということで貸し付けてくれる便利な消費者金融業者も存在しますが、甘く見てはいけません。
無利息だから金利ゼロという甘い言葉につられて、たくさん借り過ぎては感覚がマヒしてしまう恐れがあります。

大手以外の消費者金融系のローン会社なら、若干は貸付審査基準が甘くなるのですが、総量規制の対象になるため平均年収額の3分の1を超過する負債があったら、更なる借入はほぼ不可能となります。

銀行グループの金融業者のカードローンは消費者金融系列のローン会社と比較して、ローン金利が段違いに低く、限度額も大きいです。

でも、審査時間や即日融資については、消費者金融の方がはるかに早くなっています、消費者金融関係業者を一覧にまとめて見やすくしました。

大至急現金が入用となった方、二カ所以上の会社での負債を一まとめにしたいと思っている方にもお勧めします。

銀行系列会社のカードローンも参考までに掲載しています。

2010年6月の貸金業法改正と共に、消費者金融業者及び銀行はほとんど差のない金利帯で融資をしていますが、金利ばかりを取り上げて比較したのであれば、断然銀行傘下の金融業者のカードローンの方が低いと言えます。

このサイトに目を通しておけば、誰でも消費者金融で借入審査に落ちない為の手段を知ることができるので、時間をかけてお金を貸し出してくれそうな消費者金融会社の一覧表を探す努力をすることはないのです。

自力の調査により、勢いがあって貸し付けの審査に容易に受かる消費者金融業者を一覧できるようリスト形式にしたものを作りましたのでフルに活用してください。


Categories